「ピストンは中断しない」が鉄則


意外にも女性のセックス行為は極めて即物的で、身体的な刺激が中断されるとスーッと意識が醒めてしまうことがよくあります。せっかく絶頂に向かって上り詰めかけていたのに、ペニスが抜かれてしまったり、ピストンが止まってしまったりすると、そこでクライマックスから遠く離れたところまで意識が後退してしまいます。忘我の境地から現実に引き戻されてしまうワケです。折角手間をかけてここまで追い込んだのに、残念、という事態となってしまっては何とも勿体ない。これを避けるコツは、「ともかくピストンを続ける」ということに尽きます。こっちが射精してしまいそうなので、ちょっと中断、と思っても、「中断」ではなく、「スピードダウン」くらいで我慢します。一旦、「射精すること」は捨てて、そしてできれば女性の人格も何もかも全く無視する勢いの覚悟で、ともかく「ピストン続行」。全くセックスと関係のないことを考えるなどして我慢、そして、何がなんでも「ピストン続行」です。