彼女がイキそうになったら、一定速度でピストン

ピストンの速度、「初めがゆっくりで、あとから速く」が標準ですが、必ずしもこれに縛られる必要はありません。

相手の女性が「置いてきぼり」になっていたら、ペースを緩めてユックリのピストン。そして彼女の気持ちを徐々に引き戻してやります。

反対に、女性を欲情させるには速いペースの激ピストンが有効です。

唯一、「一定速度のピストンが必須」なのは女性が絶頂に向けて上り詰め始めている時です。「イキそう」になっているということは、「今現在の刺激が効いている」ということに他なりません。この時点では絶対にピストンを中止したり、その速度を遅くしたり、または極端に速くしたりしてはいけません。

彼女が「気持ちいい」と感じている今現在の刺激を持続させることによってオーガズムを迎えさせてやることができます。すなわち、この局面では「ピストン速度は一定」が正解です。