セックス心理学:赤色が仕掛ける性的刺激

【赤いネクタイ・赤いドレスで知らず知らずに興奮:赤はセックスの色】

男女を問わず、赤い着衣は異性を性的に刺激することが様々な科学的な研究によって明らかにされています。

赤いシャツを着た男性は、青やグレイの色のシャツを着ている男性よりも「性的に魅力的」と、女性にみなされます。

同様にして赤いドレスを着た女性は、「セクシーである」という信号を男性に送ります。

異なる文化においても「赤色はセクシー」とみなされています。

潜在意識が「赤はセックスの色」と認識するのです。

これを逆手に取れば、デートの時に何か一点赤いものを身に付けているだけで、「セックスパートナー」としての魅力が増す、ということになります。