【「運転の下手な男はセックスも下手」を検証】

「車の運転が下手な男はセックスも下手」を検証。

(リズム感がない)
運転がギクシャクしてしまう男が女性の体を扱う時にはやはりぎこちない動きをするであろう、と予測されます。また、リズム感がなければ一定のペースでピストンを続けることも困難です。

(メリハリがない)
ダラダラと車を運転する。これ、ダメです。気持ちの良い運転に必要なのは、「速度を上げるべき時には踏み込む、そして減速しなければならない時にはきちんと速度を下げる」技術です。性交にもメリハリが必要です。ゆったりとした愛撫から始めてエクスタシーにまで盛り上げていくにはメリハリの利いた展開が必須です。

(人馬一体感がない)
「車を乗りこなす」と「女性を乗りこなす」には明らかな共通点があります。「思った通りに操ることができる」状態とは人馬一体の境地を指します。車を「意のままに操る」ことの楽しさを知っている男性は、女性にも同様の一体感を求めます。

(先を読めない)
運転ベタは予測ベタでもあります。巧い運転をする男性は常に周囲の状況を的確に判断しながら車の進路を変えたり、スピートアップまたは減速したりをします。必ず一歩先を読んでいます。女性の反応を見ながらのセックスにも同様の気配りが必要です。

さて、それでは逆に「車の運転が上手な男は必ずセックスも巧いのか」ということになると、残念ながら、それはなさそうです。

また、「車の運転が上手になるように運転技術を磨けば女性を満足させる技が身に付くのか」と言われると、これまた残念ながら見当違いであると言わざるを得ません。