四十八手画像一覧 > 四十八手体位別実演写真:ハメ撮り四十八手 Site Mapbest48.com
topmenu
厳選無修正動画名場面集(無料) / 体位メーカー / 性生活 / セフレ即ハメ体験談 / 即ハメ出会い / サオ師のテク / セックスの裏技 / SEX風水 / 体位占い / SEX占星術 / 血液型とSEX / 陰陽師のSEX占い / ナンパ塾 / Sex Manual/ 究極の体位/ Sex ゲーム/ヌードパズル / 48手ナビ / 96体位 / 名前順 / 体位別 / 英語解説 / 48手図鑑/ 48手クイズ / 48手Top /おっぱい図鑑性交中美乳1性交中美乳2 / lesjoy(レズジョイ:レズビアン写真)/ 超勃起コム(究極の勃起マニュアル)/ かちかちコム(カチカチの硬さを達成・維持)/ 性交スライド/性交ギャラリー ヌードスライド/ヌードギャラリー / 本番スライド/体位スライド /よがり泣き /未整理 /四十八手写真 /飛び出す写真 /Home /

teasertext
っあっあっあっあ、ぁはぁはぁは、ん〜、ぁああああ、ぅう〜ん
体験談
 
iframeMsearch
 
実演・体位別写真(2)

四十八手実演写真
teasertext
愛液したたる肉壷に生肉棒を挿入
体験談
dtirss
自分流ED特効薬
四十八手ハメ撮り実演写真
バイアグラ体験談 【鉄人に変身:男性 年齢不詳】鋼鉄、という言葉がまず思い浮かびます。バイアグラを服用すると鉄の男に変身します。この間の晩には妻が悦びの悲鳴を上げるのを聞きました。妻がこんな声を出すのを今までに耳にしたことがありません。あまりにもセックスが激しくなってきたので寝室の模様替えをしたくらいです。他の人が「射精の感覚が強まる」と書いているのを目にしたことがあります。これは私の体験からも本当だ、と言えます。朝立ちも痛いほどの硬さです。面白がって妻が朝立ちのペニスを口に含んで延々とフェラをしました。射精した時には、妻が飲み込みきれずに口からあふれ出るほどのおびただしい量の精液で大爆発しました。「どんなに速く飲み込んでも間に合わないのよ。口の端から垂れてしまうので困ったわ。」とのことでした。
純正 バイアグラ シアリス レビトラ ジェネリック バイアグラ シアリス レビトラ その他
【四十八手の静止画像】大きな写真で見る四十八手の実演。体位別に分類されたハメ撮り写真です。綺麗な写真もあれば、生々しすぎてそうでないものもあり、の状態です。体位の雰囲気を掴む参考くらいにはなります。また厳密に四十八手の名称とは一致しない体位でお取り込み中の構図もありますが、やれ「本当は脚がもっと閉じてなければいけない」とか「腰の位置がもうちょっと上のはず」とかいう細かいことは抜きでいきます。

右クリックでダウンロード保存も可能です。

FuckTube 1(実演動画) FuckTube 2(実演動画)
48手ハメ撮り実演写真(1) 48手ハメ撮り実演写真(このページ)
ヌードギャラリー ヌード写真 1 ヌード写真 2 ヌード写真スライドショー 雑ヌード
性交写真ギャラリー 性交写真スライドショー

局部結合部分までクッキリ鮮明なHDハイビジョン 絶対的な硬度と自己最大サイズの極限勃起
【網代本手】普通の正常位・基本形
網代本手(1) 太め。女性の両手に注目。かなりきつく効いています。
網代本手(2) 自分の片手を使ってケナゲにもお手伝い。
網代本手(3) 深く脚を折り曲げさせて、その両脚を押さえ込んだ両手を腰にまで回して女性の自由を奪っています。これによって女性の陰部は完全に上向きとなり、密着度が増した状態のまま、奥深くペニスが侵入することから逃れることはできなくなっている体位です。見事な押さえ込み方が決まっています。
【後ろ櫓】立たせておいて、後ろから挿入
後ろ櫓(1) 顔が可愛い。
後ろ櫓(2) 半分抜いてじらしています。
後ろ櫓(3) 横の壁に手を着いているので不安定。
後ろ櫓(4) 鏡台に上半身をあずけて気持ち良さそうです。
後ろ櫓(5) 自分の両膝に手を当てて上半身を支えています。
【岩清水】男が下から口をつけて滴り出る水を飲む形
岩清水(1) カニリンガスをしながらも男の手は無駄に遊んではいません。しっかりと乳首をつまんでいます。
岩清水(2) 2組の岩清水平行作業。
【後ろ矢筈】立たせておいて後ろから挿入・片脚を上げさせるところがポイント。ちなみに「矢筈」とは矢の端の弓の弦(つる)を受ける部分のことで、家紋のデザインなどにも使われています。車の初心者の若葉マークのような形です。片脚を上げて立たせた女性の体が何となくこの矢筈のように見えることからの命名。
後ろ矢筈(1) 細身の若々しい綺麗な体。顔も美形。
後ろ矢筈(2) 思いっきり片脚を上げてパックリと協力しています。
後ろ矢筈(3) 台を使って片脚をしっかり上げて固定。正面から眺めると確かに女性の体が矢筈の紋様の形になっていることが分かります。
後ろ矢筈(4) これもテーブルに片脚を預ける形の後ろ矢筈の応用編。
後ろ矢筈(5) 片脚と上半身の体重を台にのせています。後矢筈と碁盤責めを取り混ぜたような体位になっています。
【内枠】女の片脚をすくい取ります。
内枠(1) ソファーの背を上手に利用して内枠を決めています。
【鴨の入り首】カモ(鳥)の首の様にキューッと女性器が締まります。
鴨の入り首(1) 女性が自分で片脚に手を添えて上げて作業に協力。
鴨の入り首(2) 撮影に遠慮して男の手を引っ込めていますが、本来ならば男が女性の片脚内股に手を掛けて脚を上げさせます。
鴨の入り首(3) 膝を曲げさせて足首近くを掴んでの「カモの入り首」。
鴨の入り首(4) 女の子が自分の手で片脚を支えています。
鴨の入り首(5) 足首近くを掴んで思いっきり上まで片脚を引っ張り上げた形。
鴨の入り首(6) 正統派の「鴨の入り首」です。男が女の内股に手を添えて、上に上げさせた脚が戻ることを許しません。
【雁が首】フェラチオ、要するに尺八です。ペニスをしゃぶらせ、吸わせることによって女性に絶対的な服従を心理的に植え付ける効果、そして硬く大きくなっていくペニスを実感させることによって挿入時の快感に期待を持たせる効果があります。
雁が首(1) 男が立って、女が座りながらの雁が首。美味しそうに頬張っているところ。
【御所車】横たわった男の上から直角に女性が腰を降ろす騎乗位の一種。男女の性器が直角に当たる刺激を楽しむ体位ですが、動きづらいので思うように腰をつかうことができません。
御所車(1) 小さめの乳房と大胆なポーズの組み合わせが卑猥で素晴らしい。
【炬燵隠れ】お互いを見つめ合っての性交体位です。双方共に尻を床に着けて座り込んでいるために動きにくいのが難点です。
炬燵隠れ(1) 抜き差しするペニスの様子を女性がじっくりと見て楽しむことができます。
炬燵隠れ(2) 男の腰の上にペッタリと腰を落とす形になっているので、奥深くまで突き刺すことができます。
【寿本手】旧字の壽を使って「壽本手」とも表記される体位です。ごく普通の正常位ですから目出度いといえば目出度い基本の体位と言えます。
寿本手(1) ソファーの背を使って大きく開脚させる工夫です。
寿本手(2) これもしっかりと開脚させている壽本手。
寿本手(3) 両脚をもって腰から下を持ち上げながらの寿本手。女性は頭が体よりも下にくるような体位で責められると「イキやすく」なります。オーガズムに追い込むコツとして(1)女性の尻に腰枕を当てて局部を上向きに露出させて奥まで深く突き立てやすくしておく(2)ベッドの縁などから女性の頭がわざと落ちるような体勢で横たえる(3)一定のリズムで責め続ける、などがあります。
寿本手(4) 女の体に体重をかけて責めています。これは「やられている」という被虐的な快感を女性に与えます。
寿本手(5) 男の脚が女性の内股を押さえ込んで開脚の状態を固定しています。これによって女性器がパックリと上向きになっているので、上から下へと突き立てて責めることが可能です。「降ろして、そして引き上げる」ペニスの感触を体感できます。快感が増すに従って女性器が締まってくるので、この上下運動中にペニスが受ける刺激は絶妙です。
寿本手(6) M字開脚させています。「腰が上、頭が下」のセオリー通りの責め方です。
【碁盤責め】立たせた女性の背後からペニスを挿入します。上半身を前傾させるので、支えになるものに手をつかせて体を安定させてやります。
碁盤責め(1) ベッドのヘッドボードに掴まらせての碁盤責め。女の片手がヘッドボードから離れてしまっているため、体勢が崩れています。
碁盤責め(2) 碁盤責めとひよどり越えの中間のような体位になってしまっています。体が不安定なので後ろから思い切り抜き差しする責めを受けるには女性の「踏ん張り」が不足です。
碁盤責め(3) 白石ひよりの碁盤責め。片手で男の手首に掴まって体を支えています。
【笹舟本手】女性の両脚を閉じ気味にさせてからの正常位・四十八手で「本手」と称される体位は男が上、女が下の体位を指します
笹舟本手(1) 体の柔らかい女性なので、俵抱き本手以上に局部が上向きに露出した形となった笹舟本手です。味が良いこと間違いなし。
笹舟本手(2) 逃げないよう、M字開脚を膝のところで押さえつけて固定しています。
【時雨茶臼】女性の愛液があふれ出る様子を見て楽しむことができることがこの体位の名称の由来です。女性の上半身をじっくりと下から鑑賞することもできます。「茶臼」にはいくつか種類がありますが、すべて女性が上になる騎乗位の体位です。
時雨茶臼(1) ペニスの感触を楽しんで腰を浮かせています。乳房が揺れる様子などを見て楽しむには時雨茶臼が適しています。男にとって楽な体位です。
時雨茶臼(2) しっかりと女の尻を鷲掴みにしての時雨茶臼。
時雨茶臼(3) 前後だけでなく上下に腰を使わせることを教え込みます。
時雨茶臼(4) 「お腹一杯」感で満足している表情です。
時雨茶臼(5) 男が下から手を添えて、亀頭が女性器入り口に当たる感触、竿(サオ)が膣壁を切り開いていく感触、そして奥まで深く突き刺ささる感触、ペニスの根本と女性器がこすれる感触などを仕込みます。
時雨茶臼(6) 物慣れた様子の時雨茶臼。余裕の表情です。
【忍び居茶臼】向かい合った形で女が男に抱きつく座位
忍び居茶臼(1) ソファーの背に手を当てて女性が上半身の踏ん張りを利かせています。両膝もソファーの座席部分に当てて体重を逃がしています。これで自由に腰を振って楽しむことができる体勢となっています。
忍び居茶臼(2) 体を安定させるために女性がそれぞれの手で掴まっている様子がよく分かります。
忍び居茶臼(3) 女性の上半身がぐらつかないよう、男が背中と腿に手を回しています。
忍び居茶臼(4) 男に抱きついている上半身、右手は男の背、そして左手はベッド、このようにして自然と自分の体を安定させ、そして体重を分散させています。
【撞木反り】「撞木」は鐘などを打ち鳴らすT字型の仏具です。女性が腕をT字型に広げることに由来する体位名。下に横たわった男性の上から同方向を向いた女性が腕を広げて背中からかぶさります。写真の構図として見栄えがするので人気のあるポーズです。
撞木反り(1) 男の腿に足をつけてM字開脚状態になっての撞木反りを正面から撮影。
撞木反り(2) 綺麗に決まった見事な撞木反りのお手本です。
撞木反り(3) 正統派の撞木反りを正面から。顔も体も綺麗です。
撞木反り(4) 片手で自分を励ましながらの健気な撞木反り。この体位では男の体とクリトリスが接触することがないので、下になった男に気付かれないようコッソリと女性が自分で慰めながら、もしくは男の手でクリトリスに刺激を与えながらのセックスが快感を倍増させます。
撞木反り(5) 男の手が遊んではいません。正面に向き出しとなったクリトリスを弄び(もてあそび)ながらペニスを突き立てます。おまんこ鷲掴みで多少乱暴に責めてやると、そのうちに良い声で泣き始めます。
撞木反り(6) 片手を壁にもたせての撞木反り応用編。揺れる乳房が男には見えないのが残念な体位でもあります。
撞木反り(7) 正しい撞木反りの模範演技。
撞木反り(8) 自分で乳房を揉みしだきながらの撞木反り。
撞木反り(9) 男の手がしっかりと支えているので、安心して上半身を預けています。
撞木反り(10) まだ上半身が立っています。ここから後ろに体を反らせていけば撞木反りになります。
撞木反り(11) 両膝、両手できっちりと体を支えきった撞木反りになっています。
撞木反り(12) 慣れた様子の撞木反り。余裕でペニスの感触を味わっています。
撞木反り(13) 撞木反りから体を斜めにずらした形です。
撞木反り(14) 片手で体を支えながら、もう片方の手で自分の乳房を揉んでいます。
撞木反り(15) 典型的な形です。
撞木反り(16) 自分で慰めながらの積極的な姿勢が淫靡でよろしい。
【裾野】呼び名の通り下から挿入する形
裾野(1) 諦めて実験台になっている様子です。女をおもちゃにして楽しむ味わいがあります。
裾野(2) 足が細く、スリムな体に豊満な乳房。下から何喰わぬ顔をして挿入する風情の裾野で楽しむにはピッタリの体つきです。
【反り観音】基本的には茶臼です。女性が上半身を反らし気味にした有り難い姿を恐れ多くも観音様になぞらえている訳です。
反り観音(1) ソファーの背、ここでも大変役に立っています。
反り観音(2) 女性の上半身が後ろに反るのは撞木反りと同じですが、反り観音は向き合った体位なので、視覚的な楽しみがあります。
反り観音(3) 綺麗な体、あどけなさの残る幼顔、形の良い小さなオッパイ。丁寧に仕込んでやりたくなる娘です。
【立ち松葉】松の葉のように男女の脚が交差します。苦しいだけのアクロバット的な性交体位です。余興としてチャレンジしても快感度の方は保証しかねます。
立ち松葉(1) 男女の脚が交差してはいないので厳密には立ち松葉とは言えませんが、非常にそれに近い体位で頑張っています。
【俵抱き本手】女性の尻をすくうように抱き上げます。こうすると女性器の位置が上向きとなるので、腰枕を当てさせたのと同じ効果があります。いわゆる「下付き」の女性と交接する際に役立つ体位です。奥まで深く突き刺すことが可能となります。
俵抱き本手(1) 綺麗な体です。女性の手が味の良いセックスであることを物語っています。女性の尻を手で抱える代わりに男が自分の膝の上に抱えこんでいます。
俵抱き本手(2) 俵抱き本手(1)と同じ体の綺麗な女性です。女性器を上向きにさらけ出すように固定してから奥まで突き刺します。腰を使いにくい体位なので女の体を揺するようにして突き立てて責めます。
【突き回し】逆向きに女性をまたがらせる騎乗位。「突き回し」とは言っても、実際には女性が勝手に腰を使って自分なりのリズムで楽しむことのできる体位なので、「突き回す」必要はありません。
突き回し(1) 男が女の尻を手で支えてやってこの体位でのペニスの感触、腰を振るリズムなどを教え込みます。すぐに女性が自分から器用に腰を使い始めます。
突き回し(2) 片脚が浮いてしまっています。これでは上手く腰を振ることができません。大きめなオッパイですが、まん丸に張っています。
突き回し(3) 途中で止めて亀頭の味を楽しんでいます。
突き回し(4) 女性の上半身が垂直に立ち上がりすぎです。体重がそのまま両者の腰に掛かってしまうのでうまく腰が使えません。
突き回し(5) 根本までペニスを呑み込もうとする女性の尻を持ち上げて、わざと途中まで引き抜いてしまいます。じらされた女性が我慢できなくなって尻を前後または上下に振り始めます。しばらく好きなようにさせてから、再び尻を掴んで半分までペニスを引き抜いてしまいます。これを繰り返すと膣壁がヒクヒクし始めて、おもしろいほど締まりの良い女性器の味を堪能することができます。突き回しに限らず、ギリギリまでじらしてからペニスを挿入すると味の良いオマンコが楽しめます。勿論、細く締まった膣に硬くなったペニスが切り裂くように挿入されるので女性の得る快感も異常に高まります。
突き回し(6) 突き回しでは男性の手のところで女性の尻が大活躍します。柔らかい尻を平手で打つスパンキングで刺激してやるのも効果的です。
【月見茶臼】「突き回し」で女性の上半身が前に倒れ込んだ状態の体位
写真準備中
【机がけ】女性を仰向けにします。女性の上半身が机です。この机に向かって体を引き寄せます。
机がけ(1) 痛々しいほど幼い体つきをじっくりと眺めながら楽しみます。
【つぶし駒がけ】後背位(バック)です。女性が腕で上半身を支えることができなくなって、べったりとうつ伏せになった状態で後ろから責めます。
つぶし駒掛け(1) 時々痛くなるほどに突き立てて責めてやると良い声で泣き始めます。
つぶし駒掛け(2) 腰を使う際には体重を腰にかける要領で奥まで突き立てます。
つぶし駒掛け(3) アダルトポルノに多い構図です。邪魔な男の体をなるべく排除して女性の下半身を最大限見せるようにする工夫です。
つぶし駒掛け(4) 女性の上半身はつぶれた状態で前傾してしまっていますが、尻だけは高く突き上げさせます。
つぶし駒掛け(5) 細い体が綺麗。
つぶし駒掛け(6) あっけらかんと記念写真風。
つぶし駒掛け(7) 上手なアングルで「つぶし駒がけ」の様子を説明。
【手がけ】小さい子を膝の上に抱えて食卓に向かった形の体位。向き合って抱き合った状態の座位よりも自由に乳房や女性器をもてあそぶことが可能です。
手掛け(1) 真正面からのショット。
手掛け(2) 太めの体で重い分だけ効き目はありそう。
手掛け(3) 右手で思いっきりこすり上げている構図。
手掛け(4) 「手掛け」と「撞木反り」の折衷案。
【富車】正常位の一種です。男が上からかぶさらずに上半身を離し気味にして横から突いて責めます。
富車(1) 女の子が得意そうな顔をしています。
富車(2) 女性の上半身、特に腕の位置が決まっています。美麗。
富車(3) 自分で胸を押さえています。
富車(4) 逃げないようにしっかりと串刺し。
富車(5) カメラ目線。
富車(6) 女の脚をもって引き寄せながらの責め。
富車(7) 制服のスカートをまくり上げての富車。
【鳴門】男の膝の上に逆向き抱っこ状態でまたがった女性が両足を床やベッドなどに着いて踏ん張りを効かせます。足が床に着いた安定した体位なので腰を自由に回すことができます。女性がグルグルと腰をグラインド(回す)することが可能になるので、「鳴門の渦」にちなんで「鳴門」と呼ばれます。「渦巻き体位」といった意味です。
鳴門(1) 真正面からの模範演技。太め。
鳴門(2) 男の両手が遊んでいません。しっかりと手仕事。体を傾けた女の乳房がきれい。
鳴門(3) 悪びれた様子もなく真正面からのショットで得意顔。
鳴門(4) 男の脚の上にベッタリと両足をつけて踏ん張りを利かせています。
鳴門(5) 小さなオッパイのほっそりとした幼げな体が綺麗です。
鳴門(6) 太めの年増女が男の脚を踏み台にしてる迫力のある鳴門。
鳴門(7) 男が右手で女の右乳をいじりながらの鳴門。
【番外】四十八手に分類できない体位を「番外」としました。よく行われている体位が意外にも四十八手には入っていなかったりします。また、「おい、それはないだろう」という曲芸のような代物もあります。
番外(1) 女を台に乗せ、尻を着かせた状態にしゃがませておいてから、立位で挿入。
番外(2) 洗面台に座らせてから貫通。
番外(3) 同様に、男の腰位置と同じ高さの台に女を置いてからの責め。女性の体重を支える必要がないので局部の刺激に集中できます。
番外(4) 女を真っ逆さまに据え置いて、しかも逆位置で上から挿入。これは女が苦しそう。
番外(5) 女に両手で自分の脚を束ねて高く上げさせておいてから挿入。女の座らされている台の後ろには壁があるので、男女ともに体は楽です。
番外(6) 台の上に座らせておいてから、女の左脚を取って開脚させています。
番外(7) 同じく台の上。男が片脚を台に乗せて、自分の体重をしっかりとかけながら奥まで挿入。
【ひよどり越え】女性を四つん這いにさせておいて、背後から挿入する後背位(バック)です。源義経の軍勢が馬ごと崖を駆け下りた「鵯越え」に由来する名称。乗馬で無理矢理馬を追い込んだ状態で騎乗することと、女性をバックで責め続けることの感覚が類似していることからの連想が働いています。動物の交尾の形から「畜生どり」、「わんわんスタイル」などとも呼ばれます。また英語でも犬の交尾を連想させることに由来する「doggie:ドギー」と称される体位です。
ひよどり越え(1) 庭先で日光浴を兼ねながらの「ひよどり越え」。
ひよどり越え(2) ソファーでバックから。女性の片脚がズレ落ちそうで不安定。
ひよどり越え(3) きっちりとハメてもらって「美味しい」の表情。
ひよどり越え(4) 尻をつかんでパックリと開けさせてからバックで責める、の図。
ひよどり越え(5) 「こんな具合につながっています」の説明イラスト風。
ひよどり越え(6) 太めの女に後ろから挿入。ソファーが小さすぎ。
ひよどり越え(7) 着衣のまま、片手を後ろに取られてのひよどり越え。重たそうな乳房が魅力的。
ひよどり越え(8) 顔の表情の美しい作品。モデルは白石ひより。撮影用に男優が体を離して被写体の女性にフォーカスできるよう気を配っています。
【白光錦】挿入せずに指で女性器を弄び(もてあそび)ます。狙いは極限までじらす効果です。
白光錦(1) ヒクヒクと指を締め付ける感触を教え込みます。上手に吸い付くことができるまで特訓。
【仏壇返し】女性を立たせておいてからバックで挿入。「碁盤責め」と違って、女性は床に手を着いて体を支える深い前傾姿勢となるのでペニスを奥まで突き刺すことができます。
仏壇返し(1) ソファーを使っての模範演技。
仏壇返し(2) ベッドのヘッドボード部金具を両手で握っているので、きつい責めでも体が安定しています。
仏壇返し(3) 足場わ柔らかすぎ。体も不安定。
仏壇返し(4) 見事に決まった仏壇返し。逆さになって上に垂れた状態の乳房の様子が味わい深い構図。
【帆掛け茶臼】向かい合った座位。女性が身を反らせて後ろ手を着きます。
帆掛け茶臼(1) 女が両手で支えた見事な反り身。
【本茶臼】騎乗位で女性が上半身をベッタリと男性に密着させて倒れ込んだ形。男女共に楽な体位です。耳元で女性のため息、すすり泣き、あえぎ声、よがり声、そしてよがり泣きを楽しむことができるのも「本茶臼」の良い所です。
本茶臼(1) 太めの女の模範演技。「こんな具合につながっています」が一目で分かります。
本茶臼(2) 女の尻を抱えて男がリードしてやりながらの本茶臼。
本茶臼(3) サオの途中で止めさせ、味を覚えさせます。これから抜くのか、もしくは深く突き刺すのか、女に期待と不安を抱かせてじらす戦法。膣壁が締まってきたら勢いをつけて挿入、そうでなかったら亀頭だけが中に残るくらいまで引き抜いてさらにじらします。
本茶臼(4) 狭いソファーで太めの女との本茶臼。
本茶臼(5) よく見ると女の腰が本格的に入っています。腰の角度を利かせることのできる床上手の女。
本茶臼(6) 上半身をベッタリと男に預けています。
本茶臼(7) 模範演技風の本茶臼。
本茶臼(8) 尻を掴んで男がリードしてやる本茶臼。
本茶臼(9) ズポッと入ってます。
【松葉崩し】「松葉」という名称の体位は松の葉が2本交差した状態でくっついた様子に由来するので、必ず男女の脚が交差します。男が女の片脚を持ち上げて双方の性器の角度が交差する(直角に当たる)味を楽しみます。
松葉崩し(1) 女の片脚の重さと男の体重を上手にソファーの背で受けているので、見た目よりは安定しています。
【やぐら立ち】俗に「駅弁ファック」などと称される体位。その名の通り、鉄道の駅で駅弁の売り子が首から駅弁の入った容器を首からさげて売り歩いた様子に似ていることに由来します。セミが木にとまっている状態に似ていることから「止まり蝉」、また「よいしょ」と担ぐことから「神輿:みこし」などという呼び名もあります。実際には男性に体力の消耗を強いる体位なので実用的ではありません。無駄に体力を使わずにこの体位の美味しいところだけを味わうには、女性をテーブルにしゃがませてから男がそれに向き合って立ったまま挿入します。女性の体重を腕で支える必要なしに「櫓立ち」を楽しむことがかのうになります。
櫓立ち(1) この女、駅弁で責めるには重すぎです。本来ならば女性の両脚がもっと上に上がって男の胴をはさみこまなければズレ落ちてしまいます。
【理非知らず】怖がって両脚を閉じている生娘を無理矢理犯す味を楽しむ体位です。
理非知らず(1) 女が自分で自分の自由を奪っての理非知らず応用編。
案内
menuforthebottom
四十八手裏表目次
【四十八手】
【出会い系】
【よがり声・音声ファイル】
【新作品案内】
【セックスゲーム:Flash動画】
【ヌードジグソーパズル】
【ヌード写真集】
【フリーウェア:無料アプリ】
【セックス占い・セックス風水】
【四十八手クイズ】
【良質な無料・無修正動画をxvideosなどから厳選】
【日本最大のマル秘生ハメ性交写真スライドショー】
高画質な大判フォトギャラリー
【本番スライドショー】
小さな生ハメ静止画像集
【セックス体位スライドショー】
Gif動画によるセックス体位の一覧をスライドショー表示します
【日本最大のヌード写真スライドショー】
大きな画像で高画質のヌード写真のスライドショーです。画像を右クリックで、お持ち帰り自由。収録されているヌード画像の作品数はなんと2700点以上。
【飛び出す写真】
【マニュアル・記事】
【動画編集覚え書き】
【実演写真集】
ズバッと表示されます
【リンク集】
I'm Feeling Horny(テキトーにランダム移動)
Love Life 参考文献 Love Life 参考文献

無修正写真:四十八手体位実演
Site Map